滋賀山友会の「創立50周年記念事業」の報告

滋賀山友会は、2021年10月に創立50周年を迎えましたが、コロナの影響で、記念祝賀会、記念誌の発行を延期しました。2022年4月総会で、今年10月30日にささやかな祝賀会を開くことが決まりました。そして、元会員からの寄稿文を集めて、記念誌を作成することで準備を進めています。

お蔭様で、2022年10月30日 近江勧学館におきまして、元会員の方14名、会員36名、合計50名で和やかに50周年記念祝賀会を終えることが出来ました。山友会を創立された大先輩をお迎えして、会の創立の経緯や当時の活き活きとした若い息吹の山への想いと仲間の集いのお話を楽しく、懐かしくお聞かせいただきました。

ご参加して頂きました皆様、本当に遠い所、お忙しい所、お越し頂きまして心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。今後も山を愛する者たちの会として、安心安全登山を心掛け、活動してまいりたいと思います。

又、記念誌発行と言う事業が残っております、このお知らせをご覧になって、記念誌への思い出の投稿等ご連絡をお待ちしています。実行委員長・友永まで ご連絡お願いします。メールの場合 yt19481013@yahoo.co.jp 077-524-5618

滋賀山友会は1971年に創立され日本勤労者山岳連盟加盟の滋賀県勤労者山岳連盟に所属する会員数約60名の山の会です。2021年に創立50周年を迎えました。私達は登山を通じて、自然を愛し、山を愛する人々との絆を深め、山の文化を多くの人に広め、山の魅力を発信し、安全登山、登山技術の向上を目指しています。里山から比良、鈴鹿、北アルプス、南アルプス、中央アルプス、雪山山行、テント泊、小屋泊まり縦走、沢登り、岩登り、山スキー、など、様々な山の楽しみを多くの山の仲間と共有しています。私達はこれからも山の魅力を多くの方に発信していきたいと思っています。

 


個人山行 雪の武奈ヶ岳

【日 程】2023年2月1日(水)曇り時々晴

【参加者】T本、Nま

【コースタイム】

坊村登山口(08:00)・・・途中3回短時間休憩・・・御殿山(10:35)・・・武奈ヶ岳(11:35)・・・御殿山(12:25)[休憩 20分]・・・坊村登山口(14:15)

 

 

続きを読む

1月ハイキング部例会 大比叡

【日にち】2023年1月22日(日)晴れ

【参加者】A見(L)、Y口、T田、K澤、H井、Nま、K藤、Y村、T田(記録)、T中武、S井、Y田、

S口、A元、N堀、Mり、T内、K本紀、T中博、A隅、M田、N西

【コースタイム】

9:05京阪比叡山坂本口駅―9:20比叡山本坂―10:50根本中堂―山王院―11:15お地蔵さんのある展望地(昼休憩)11:50-12:15大比叡―13:00明王院―14:45京阪松野馬場駅

 

 

続きを読む

個人山行 京都トレイル北山東部2(戸寺~二の瀬) 報告  

日 時】2023年(令和5年)1月18日(水)【天気】晴れ時々曇   

【参加者】Y森(CL記録) K澤 Y田比 H井 T田 S井 Y村 N堀 O本紀 K森の10人   

【データ】距離10.6K  累積標高差590m  行動時間4時間39分

【コースタイム】                

9:09戸寺バス停(215m)→9:32江文神社(262m)9:45→10:04江文峠(323m) →

10:36静原神社(215m)10:47→(薬王坂) →11:27竜王岳分岐(373m) →11:54竜王岳山頂(500m)12:25

→12:43竜王岳分岐(373m) →13:05鞍馬駅(休憩240m)13:17→13:48二の瀬バス停(174m)

 

続きを読む

オールラウンド山行部例会報告  野坂山地 明王の禿~赤坂山

【日 時】2023年1月15日(日)曇り 一時 晴れ・青空

【参加者】A井・M幸・T本・T政・N裕・S口・H川・K口・K西・K原・N西・T田・K川・M内

【コースタイム】

駐車地—マキノ林道—明王の禿東尾根取り付き8:05—明王の禿11:00—赤坂山11:30—
粟柄越—ブナの木平13:30—483.4ピーク—南東の尾根—マキノ林道14:00—駐車地14:50

 

 

 

 

 

続きを読む

個人山行 雪の高室山を楽しむ

【日 時】2023年1月10日(火) 曇りのち晴れ時々吹雪

【参加者】 T本、I野、Nま

【コースタイム】

駐車場(9:00)・・・林道登山口ポスト(10:30)・・・高室山山頂(11:05)・・・昼食休憩場所(11:15)[20分休憩]・・・高室山山頂(11:45)・・・林道登山口ポスト(12:05)・・・駐車場(13:00)

 

 

 

 

 

続きを読む

2023

2022

2021