おめでとう Y森さん 百名山完登 大山

日   程: 2016年10月15日(土)~16日(日)

参 加 者: Y森、N野、K原、Y口、A部、K村、K西、M内、A隅、K間、N裕、K部、S山、K川、K川享

コースタイム

10/15(土) 6:15桂川PA3台集合→溝口IC→10:10駐車場1015→10:20夏山登山→12:05 6合目12:15→13:30 大山山頂(弥山1,709.4m)14:20→石室→15:15 6合目 15:25→16:30夏山登山口→ホテル大山しろがね  
10/16(日) 大山寺参拝 、大神山神社参拝、米子買い物ツアー→帰路


記録

桂川PA、ご一行様15名が集合。晴女(ハレジョ)Y森さんに相応しい秋晴れなり。

 

10時20分登山開始。さぁ行きますよ、ご一行様。いきなり階段。ずっと階段。9合目まで階段。そのあとは天然記念物ダイセンキャラボクの中の木道。綺麗に整備されている山道だ。小さな子供を連れた家族連れ、カップル、中高年、まさに様々な人が登っている人気の山だ。誰からも慕われている山なのだ。本来は急登で登りにくい山道を少しでも登りやすいようにと先人たちは階段を整備した。西日本一と言われるブナの原生林も美しく、とても気持ちのいい山だ。西の方角からみた山容は富士山に似ていることから伯耆富士とも言われ、そして北・南壁は溶岩ドームが崩れた荒々しい雄大な景観。外からも中からも美しい百座目に相応しい山だ。その整備された階段をブナの原生林中、やっこらやっこら、キャラボクの中の木道を注意深く歩いて、今日は風もなく、暖かい日差しの中、

さぁいよいよ山頂。

 

拍手で迎えます。

「おめでとう!!」

「凄いですね。おめでとうごさいます。僕たちもあと98座目指します。」

若い男性グループや山頂にいた人たちからも祝福を受けます。

 


さて、Y森さんの一座目は学生の時、旅行で立ち寄った秋田の八幡平だとか。勿論その時は、山にもましてや百名山とも無縁。それから、それから数十年の時を経て達成した百名山完登。2005年のY田さんの白山での百名山完登登山で「意思を持っていく。気力が大事」という教示を受けたのが、目指してみようかなと思ったきっかけだったとか。その時で50座ぐらい登っていたとか。4年ぐらい前から還暦で完登しようと本格的に取り組んだのだそうだ。そうなんですね。登山を始めた当時から目指していたわけじゃないんだ。

心に残る日本百名山のベスト5は、幌尻山、平ケ岳、槍ヶ岳、剱岳、飯豊山。

そして達成できた要因というと ①気力 ②体力、健康 ③メンバー ④時間 ⑤登山計画、情報収集力 ⑥周囲の理解 ⑦資金だとか。

最後にY森さんからのメッセージです。


「平成28年10月15日(土)に大山にて山友会のメンバーと共に深田久弥の100名山登頂を達成いたしました。これも山友会の皆さま方他、様々な方のお力のお蔭と感謝いたしております。一山一山、それぞれに思い出があり、記録を少し読むとその場面が思い出されてきます。そしてメンバーの顔も浮かんできます。懐かしく感じますが、同時にそれだけの時間が経過したことも感じます。ただなんとか無事に健康で怪我なくこの日を迎えられホッとしております。山友会の皆さま、ありがとうございました。歳を取ったので、今まで以上に雨の日は行かない私になる事でしょう。やっぱり山々の景色が見える時は、来て良かったと思いますからね。どうかこれからも、今まで以上にご一緒頂ければ嬉しいです。」

m(__)m  Y森

 

百名山を完登出来たのは、皆さんのお陰、ラッキーだったと言われますが、いえいえそんなことはないです。

強い意志と気力と行動力と綿密な計画が大きな要因だと思います。
本当におめでとうございます。そしてありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

(記録 K川享)

Photo Gallaly