個人山行 鈴鹿 綿向山雪山ハイキング

2023年1月7日(土) N西、他6名

 

7:25登山開始―7:45ヒミズ谷出合小屋―7:55―8:15三合目8:30―8:45五合目9:00―9:25七合目―10:00綿向山ー北尾根分岐―綿向山13:05ー13:50三合目―14:20ヒミズ谷出合小屋ー14:30御幸橋駐車場

 

 

 

 

【感想】

 

 駐車できるか心配していたが、7:00の時点で駐車場は半分ほど空いていた。

 登り始めたときは曇り空だったが徐々に青空が見えてきて、霧氷が最高にきれいだった。三合目で私は軽アイゼンを装着した。慣れた2名はチェーンアイゼンで山頂まで歩いた。土曜日だが登山者は少なく、喋るのをやめるとシーンとして、まるで銀世界に迷い込んだような気持になった。

雪が音を吸収しているからなのだろう。

 山頂に着いたときには他に人はいなかった。少しすると太陽が顔を出してくれた。北尾根分岐まで行くことにした。途中、雪に埋もれたり、人型を作って遊んだ!(^^)!散々遊んで綿向山山頂に戻ってくると人が増えていた。次はソリ遊び。いいコースができ、後から登ってきた人たちも、そのコースを楽しんでもらえた。こぶがあったらジャンプしそうなくらいのスピードがでて、思わず悲鳴をあげてしまった(^^;)山頂に3時間も滞在し雪遊びを堪能し下山した。

 下山時は雪が解けて登山道は濡れてじゅくじゅくになっていた。初めての冬の綿向山で、最高にきれいな霧氷を堪能できた。