個人山行 霊仙山縦走

 【実施日】2021.12.15(水)晴れ

 【参加者】N西 他3名

 【コースタイム】

 

 落合7:50―8:00今畑登山口―8:45笹峠―9:30近江展望台―10:00南霊仙―10:50霊仙山最高点―11:30経塚山―12:20霊仙山避難小屋―12:50谷山―13:45柏原道四合目避難小屋―14:10柏原道二合目・二本杉―15:00霊仙山登山道入口―JR柏原駅

 

【感想】

 JR柏原駅に車をデポして、落合登山口からスタート。平日のせいか登山口に他に車はない。雪は全くないが、2日前の寒波の影響で登山道は濡れている。歩き始めると、"クマ出没注意"の看板が目に付く。前からこんなにたくさん看板があったのか?そんなに熊に注意しなければいけない山なのか。

 笹峠で小休止。葉の落ちたブナ林が初冬を感じさせる。西南尾根から南霊仙を目指す。カレンフェルトの地形が見えてきて岩場を登る。普段は滑りやすいところだが、この日は雪解けの影響で土がドロドロで靴が重い。晴れて陽が射し周りの景色に癒される。近江展望台から気持ちのいい西南尾根の稜線を歩く。風が頬に冷たい。小さなドリーネは凍っており、最高点付近には立派な霜柱と雪が少し残っている。前に見える御池岳山頂は雪に覆われている様子。伊吹山は雲に覆われている。

 山頂も人はまばらだ。初めて目にする霊仙山”の表示が。青空の下で写真に納める。経塚山までも濡れいて気を抜くと滑りそうだ。避難小屋で昼食とする。ここから柏原道までは緩やかな下りとなる。途中の谷山周辺も苔がきれいだ。四合目の避難小屋は崩れているが、雨宿りくらいはできそうだ。下山は誰にも出会うことはなかった。紅葉の盛りが過ぎて落ち葉が登山路に積もっており、ふかふかの道を歩くのが楽しい。立派な二本杉のある二合目に降りてきた。天気に恵まれ初冬の気持ちのいい山歩きだった。予定通りのタイムで下山することができた。