若狭町倉見から三十三間山とブナ林の散策

日   程: 2018年6月9日(土)

天   候: 曇りのち晴れ

参 加 者: A隅・A部・I田・K川・K西・K林・K間・S井・S山・T嶋・T岡・N野(CL/運転)・N(運転)・Y森(運転)・Y村・O本和(運転/記録)・O本紀(SL/会計) 計17名

コースタイム

JR堅田駅8:30→《車4台分乗》→9:50若狭町倉見駐車場→
10:10風神の滝→10:25最後の水場→11:10夫婦松→11:50大草原(昼食) 12:45山頂→13:15ブナ林→往路引き返し→14:15風神地蔵→
15:40若狭町倉見駐車場→16:30道の駅『熊川宿』にて解散

記録

関西100名山の1つで福井と滋賀の県境にある三十三間山。
梅雨の晴れ間のハイキング日和、JR堅田駅より4台の車に分乗して若狭町倉見駐車場へ。
各自体操を済ませ登山口へと向かう。風神の滝、最後の水場、夫婦松と比較的緩やかで歩きやすい山道を進む。稜線に出ると一気に視界が広がり涼しい風も吹き心地よい。遠くに若狭湾、三方五湖を望み、白やピンクのヤマボウシを楽しみながら大草原で昼食。
気温25℃湿度64% 帽子が飛びそうな程の風が吹くなか頂上を目指すが、頂上には展望はない。爽やかなブナ林を進むと足もとには可憐な銀涼草。とりわけ大きなブナの木を見上げここから来た道を折り返す。
疾病供養の地蔵が祀られた風神さんに立ち寄り、倉見駐車場へ。道の駅『熊川宿』で買い物をして解散。下山時刻は予定より若干遅れましたが無事に終えられました。ありがとうございました。

 

Photo Gallery (クリックで拡大)