清掃登山 伊吹山

日   程: 2018年6月3日(日)

天   候: 晴れ

参 加 者: NまCL他会員10人 一般3人 計14名

 

ゴミの量 : 可燃 1.5k 不燃 30.8k ビン 6.5k  計38.8k

コースタイム

8:20三宮神社発→12:20伊吹山山頂13:15→16:10三宮神社着

 

記録

 梅雨入り間近の6月3日、伊吹山清掃登山に参加してきました。今日は快晴の予報ですが、快晴は、嬉しいですが、暑さが心配です。
三宮神社で受付、体操、清掃登山の説明を終え、8時20分に14名が出発です。登山口下には、伊吹山インフォメーションセンターがオープンしていました。この4月21日からだそうです。「では、帰りに寄りましょうか」というと、「閉館は午後3時」ということで、その時刻に下山は難しいです。また次、ゆっくり訪れましょう。
1合目までは木陰の中でまだ、涼しいですが、1合目からは、直射日光を受けます。ゴミを拾いながらですから、ゆっくりペース。一般の登山客がどんどんと追い越し登って行かれます。今年も、登山客は多いみたいです。ゴミはそれほど落ちていません。3合目手前で伊吹山山頂が見えてきます。柵で囲われた場所には、もうすぐユウスゲが咲くそうですが、今の時期はアヤメが咲いています。ここ3合目のトイレが使えず、しまった1合目にもあったはず。後は山頂までありません。3合目もゴミ少ないです。
5合目に着いてすぐに、いつもの場所へゴミ拾いに。昔、捨てたと思われる大量のビンや缶がすてられ大量のゴミとなって埋められているようです。毎年、持って下りられるだけ拾います。このゴミは、ここ5合目でデポし、下山時に持っております。ここからは、急斜面につけられたジグザグの登山道を登って行きます。両側には初夏の花が咲きだしていますが、ごみを探しての登りでは、ゆっくりと花を見ていられません。それにしても暑い。熱中症ぎみの方と一緒に沼リーダーは6合目小屋で待たれます。12人で山頂を目指します。時々獣臭がします。T橋さんによると鹿のものではないかとのことでした。
山頂には12時20分到着、そのまま山頂周辺のゴミを拾い、昼食をとって13時に再び集合と決め、解散。山頂は人でいっぱいですが、ゴミの量は少なく、缶のふた等が多いです。そして13時過ぎに集合し、アピール文を読み上げ13時15分下山開始します。途中の5合目でデポした缶ビンを参加者で分け合って持って下り、1合目で分別をします。38.8Kというゴミ量でしたが、参加者が多ければもっと拾え、量は多くなっていたと思います。16時過ぎに三宮神社で無事終了解散しました。
ゴミを拾っていると登山客の皆さまから「ご苦労様」とか「ありがとうございます」とか言葉をかけて頂きました。私達の姿そのものが、ゴミを捨てないという気持ちを持って頂ける一歩かなと感じました。清掃登山に参加して頂きました皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。

(記 Y森)

 

Photo Gallaly (クリックで拡大)