新潟妙高 三田原山 山スキー

日   程: 2018年3月25日(日)

天   候: 快晴

参 加 者: O音(CL)、Y森(企画)

雪のコンディション:パウダーあり、ザラメあり、アイスバーンあり

コースタイム

 9:15第3高速リフト降り場(1,865m)9:25 → 11:23外輪山稜線鞍部(2,275m)11:25 → 12:05三田原山山頂(2,360m)12:08 → 12:15三田原山山頂直下で休憩(2,325m)12:30 → 12:45稜線でシールとる(2,320m)13:02 →(滑走) → 14:14林道合流(1,340m) → 途中からゲレンデ滑走 → 14:40杉ノ原第一ロマンスリフト乗り場(730m) → 15:00駐車場着

距離 約往復 12.9K  累積標高差 約500m  滑走高低差 1,600m  滑走距離 9.5K
距離 約往復 12.9K  累積標高差 約500m  滑走高低差 1,600m  滑走距離 9.5K

記録

 Oさんと三田原山に山スキーです。妙高、杉ノ原スキー場のゴンドラ、高速第三リフトを乗り継いで出発地点に降り立つと、新雪10㎝(下界では昨日雨)積もっていました。下は雲海が広がり、上は快晴の青空。気温は、やや低めです。出発してすぐに少し大きな谷を越えるため、クトーを装着。谷を渡り終えると大きなダケカンバが、ここから黒姫山、乙妻、高妻の山々が見えます。さらに上部に行くと、風も強かったのか、新雪は飛ばされカリカリバーンです。慎重に通過。ダケカンバの中を登って行きます。11時をまわって、漸く外輪山の稜線鞍部に到着すると眼前に妙高山本峰が現れました。下を見るとお釜を滑った跡が数本。私は今回パス。登り返す体力ありません。そのまま稜線を進んで、三田原山に向かいます。3回程度小さなピークを巻いたり、越えたりして最後の三田原山の登りにさしかかると後ろからOさん。お釜を滑って登り返して今、合流です。流石です。腰悪いって本当?   
 12時過ぎ山頂に到着。360度の眺望が広がっています。妙高本峰、黒姫山、乙妻山、高妻山、火打山、焼山はもちろん北アルプスの白馬三山、五竜岳も。そして空は青空、素晴らしい景色です。
 山頂から少し下りて風のない所で休憩し、その後、登ってきた鞍部近くまでシールのまま移動します。そこで、シールを取って滑走開始。上部は、新雪も軽く、気持ちよく滑れました。でも少し標高を下げた中間部は、昨日の新雪が重雪となり、非常に回しづらくなり転倒。これを機に転けないのが大切とゆっくりとがまんの滑りを続けます。木々は、標高が下がるにつれダケカンバ、針葉樹林帯、ブナ林、白樺、ミズナラと植生は変化し、面白いです。下部は新雪も少しで、だんだんと楽に回せるようになってきましたが、すぐに緩やかな台地となり、そのうち林道に出ました。
ここからは林道を一部ショートカットしながら滑り、最終的に、ゲレンデ下部に入り込みそのままゲレンデをリフト乗り場まで滑って行きます。この杉ノ原第一ロマンスリフトに乗らないと駐車場に戻れません。「駐車場に戻ります」というと無料乗車OKでした。途中の悪雪で難儀したので、駐車場には、計画よりやや遅く15時到着でした。O様、お付き合い頂き、ありがとうございました。M(__)m

(記 Y森) 

 

Photo Gallaly (クリックで拡大)