マキノ・雪の大谷山

日   程: 2018年1月14日(日)

天   候: 晴時々曇り

参 加 者: B場、K澤、M本、H江

コースタイム

マキノピックランド8:10出発、石庭登山口8:40、704直下イモジャ源流10:40、755展望台11:00、大谷山11:50、石庭登山口14:50 ピックランド駐車場15:10

記録

 日本列島に数年に一度の大寒波がやってくる前のお天気に恵まれた1月半ばの週末、マキノの石庭集落から大谷山に登りました。
 高島警察署に登山届を持って行って、「石庭から登ります。たぶん、ここの749辺りで引き返すと思います」と説明して、ピックランドの駐車場から歩き始めました。わたしたちより先に出発したパーティ1組。お寺の裏から尾根に取り付くつもりでしたが、先行パーティが集落端の鉄条柵から夏道を登っていたので、わたしたちもそれに続き、お寺の尾根との合流点で追いつきました。彼らは名古屋からの3人組の山ヤさんパーティで、「待っててんで」と言われ、そこからは抜きつ抜かれつ登りました。
 登るにつれて、樹林はブナの森になり、振り返ると雪化粧のマキノの街並みと朝日を浴びて光る琵琶湖の湖面が美しく、湖北の白い山並みが圧巻でした。尾根がイモジャ谷の源流と絡み合う美しい地形は、白くてとろけるようなクリーミーな雪に覆われて、みんなの後姿はメルヘンの森に迷い込んだ少年少女みたいでした。
 展望台に着いたときには、みんな絶叫していました。今まで何回眺めたかわからないくらい見慣れた景色なのに、叫ばずにはいられませんでした。頂上の真っ白なドームが木々の間から見え始めると、みんなのパワー炸裂。途中で引き返すなんてあり得なくなりました。
 遠いと思っていた雪の大谷山、清々しいお天気と最高の雪のコンディション、そして何よりも抜群のチームワーク!で、頂上に手が届きました。
 名古屋の山ヤさんたちは寒風からスキー場へと大周回。わたしたちは集合写真を撮ってもらって往路を戻ります。そして展望台で再び叫んで、スノースコップで掘りこたつを作って遊んで、下りてからは鴫野でお蕎麦を食べて、幸せな雪遊びの一日は幕を閉じました。
参加のみなさん、ありがとうございました。またご一緒しましょう。

(記:H江)

Photo Gallaly (クリックで拡大)