星野園地からくろんど園地を経て京阪河内森駅までウオーク

日   程: 2017年11月25日(土)

天   候: 快晴

参 加 者: CL:T.Y(記録)SL:M.Y、Ki.O、Ka.O、M.S、S.T、Y.N、T.K、T.I、T.I、Y.B、H.Y、Y.Y、K.K、H.S、M.A 合計17名

コースタイム

アクセス 8:32JR京都駅~東福寺駅(乗り換え)京阪東福寺駅~9:30私市駅

9:50私市駅前 ⇒ 10:40星田園地(大吊橋:星野ブランコ)⇒ 11:20やまびこ広場(昼食)12:00 ⇒ 13:00私市CC(通り抜け) ⇒ 13:30くろんど園地(すいれん池)⇒ 14:00くろんど池 ⇒ 14:30三等三角点(319m) ⇒ 15:00獅子窟寺 ⇒ 15:30京阪河内森駅 16:30JR京都駅

歩行距離 約13.7km


記録

 私達は私市駅からウオークで「星田園地」に入ったが、大阪府一番の紅葉の名所であるこの地はクルマで来る人が多い。駅から3㎞ほど静かな山あい(岩船渓)を歩くと「星田園地」入り口。登り口には巨大な人口壁のクライミングウオールがあった。西日本有数というが、今日はまだ利用者はすくなかった。(1日利用料700円とか)
 大つり橋(星野ブランコ)に近づくと頭上50mに長さ280mのつり橋が見えてくる。星のブランコの周囲は今を盛りの見事な紅葉で、橋の周辺は大勢の人々で溢れていた。
星野ブランコ周辺の紅葉は11月下旬から12月上旬が一番美しい。
私たちは、つり橋から約200mの地点のやまびこ広場で昼食タイム。ここまでは大勢のハイキング者が登ってきた。しかし、ほとんどのグループや個人はここから様々なコースで私市方面に引き返す。この広場から5分ほどで登れる展望デッキからは枚方方面が開け、ポンポン山、愛宕山や比叡山も遠望できた。
 ここから一気に「岩船」方面に下る。もうほとんど人はいない。奇岩で知られる「岩船神社」も近いが、今日は立寄る時間もない。我々はクルマの通行の多い国道168を横切り、「私市カントリークラブ」の敷地に入って行く。ハイキング者のための通り抜け道であるが、他には歩く人も見ない。ゴルフ場の中や縁を約2.6㎞歩くともう一つの園地、「くろんど園地」の縁(すいれん池の休憩所)に出る。この園地も人気の園地であるが、2つの園地を1日で歩く人はほとんどいない。小川の縁の人ひとり通れるくらいの小道を20分程進むと「くろんど池」に到着。ここは奈良県生駒市。この池の周辺で1日を過ごす人も多いが、我々は次の目的地「獅子窟寺」への道を急ぐ。途中真新しい住宅が数建立っていたが、先に進んで山道に入る。30分程で「三等三角点」を過ぎ、八丈岩の巨石群に到着。多くの仲間がこの岩によじ登った。ここから一気に「獅子窟寺」へ下る。このお寺にも奇岩があり薬師如来が祭られている。高野山真言宗の末寺で役行者が建立し行基が再興したとか。ここからは舗装道路を30分ほど下り河内森駅に到着した。
今回のコースは大阪府の「星田園地」と「くろんど園地」を歩き、更に「くろんど園地」のはずれから。信仰の道を廻る13.7キロメートルであったが、ほぼ1時間単位で水洗便所も完備しており、快適なハイキングでした。

 

Photo Gallaly (クリックで拡大)