金勝アルプス バードウオッチング

日   程: 2017年6月10日(土)

天   候: 晴れ

参 加 者: K枝(講師)、M田、S井、B場、K村、K間、K原、T中、H井、K林、N村、M内 計12名

コースタイム

8:30上桐生→オランダ堰堤→逆さ観音~南谷林道~→出合~茶仏線~→瀬戸ケ滝~茶佛観音線~→白石峰(昼食)→耳岩~天狗岩線~天狗岩線谷沿ルート~桐生キャンプ場~駐車場15:00 (たまみずき道は通りませんでした)


記録

 昨年同時期にK枝講師が「全国鳥類繁殖分布調査」で早朝の金勝山茶仏線コースを調査された経緯の説明があった。姿確認と鳴き声で14種を記録したが、今回はスタートが遅いので期待できないかもしれないとの前置きがあった。
 清掃登山コースの経験者でも、今回のコースは初めてという参加者がほとんどではなかったかと思う。「金勝山ハイキングマップ」を見ていると、全コースを踏破するのも楽しいのではないかと思った。
 南谷林道は、歩き易く、茶仏線、私たちだけで、鳥の鳴き声がよく聞こえたが、葉が多くなり姿を確認するのは難しかった。瀬戸ケ滝から茶佛観音線は、登りのやせ尾根となかなかの距離であった。
 白石峰で昼食タイム。耳岩からは、お助けロープがある程のザレ場の難所が続出。「何じゃ!これは岩トレか!」「夏山集中のトレーニングになったね!」と言いながら慎重に下山した。後半は、バードウッチングなんてする余裕はなかった。
 桐生キャンプ場の木造の休憩場で、観察できた野鳥の確認作業をして、K枝さんから、参加賞を頂いてしまいました。木製手作りブローチをゲットした参加者は、大喜びでした。(M)

 

見られた鳥(9種類) トビ・ツバメ・ヒヨドリ・センダイムシクイ・カワラヒワ・オオルリ・ヤマガラ・ハシボソガラス・カイツブリ
鳴き声で確認できた鳥(10種類) コゲラ・・ヒガラ・シジュウガラ・スズメ・カケス・キビタキ・ホオジロ・ハシブトガラス・ウグイス・アオゲラ

 

Photo Gallaly (クリックで拡大)