比良・白滝山~音羽池

日   程: 2017年3月20日(月・祝)

天   候: 晴れ

参 加 者: M内、K西、K内

コースタイム

伊香立やまゆり荘8:00→坊村地主神社横Pに配車→9:00中村貯水池~12:00白滝山12:45~13:30音羽池~16:30地主神社P→中村 (解散)


記録

 中村集落の簡易水道貯水池横からの登り。送電線管理のため伐採された谷の隣の尾根なので、日当たりが良く雪はない。谷から離れ杉林の登りになると雪が出てくる。上の方は締まっているが、下は解け穴が穿たれている。ワカンを付けると少しだけ踏み抜きの回数が減った。標高900m付近からは広葉樹林帯に入り明るくなる。音羽池への尾根分岐にしるしをつけ、白滝山を目指す。遠くからかすかにびわ湖バレーの音が聞こえるだけで、とても静かだ。正午に白滝山着。ゆっくりと昼食。
 音羽池を目指すが、いつもここでは方向を見失う。M内さんのGPS協力を得て、何とか音羽池着。長池まで行きたかったが先日の下りの難儀さを考えると、もうリミット。2:00まえから下山開始。中村からの登りが急だったので、下りには坊村へのルートを選んだが、踏み抜く厄介な時間が長くなっただけのような気もする。時には尻セードを交えて下り、雪が少なくなったあたりで、アイゼンに変える。滑る危険が無くなったところでアイゼンを外し、そろりそろりと慎重に下る。林道の最初のヘアピンカーブに降り立った時にはホッとして力が抜けた。結局登り3時間、下りも3時間。残雪の時期の下りには大いに神経と時間を使うことが良く分かった。 

Photo Gallaly(クリックで拡大)