鈴鹿・霊仙山

日   程:2015年12月20日(日)
天   候:快晴
参 加 者:K村(CL)、O田
コースタイム:8:30榑ヶ畑登山口(駐車地)8:37 … 9:03汗ふき峠 … 10:17七合目・お猿岩 … 10:33八合目・お虎ヶ池 … 11:00経塚山 … 11:20霊仙山最高点(昼食休憩)12:00… 11:20霊仙山 … 13:25五合目・見晴台 … 13:54 汗ふき峠 … 14:24榑ヶ畑登山口駐車地

霊仙山ルート図
霊仙山ルート図

記   録

 昨年の12月は例年より暖かい日が続いてましたが、2日前にやっと、冬らしい気温になり、北の方の山では雪が降ったという便り。そして、この日は広く1日中晴天という天気予報。青空の下の雪景色を期待して、霊仙山に行ってきました。
 米原ICから醒ヶ井養鱒場に向かいさらにその奥の、榑ヶ畑登山口には8:30に到着。直近の駐車地はすでにいっぱいで、少し下がったところに駐車し、登山開始。
山小屋「かなや」横を通って、汗ふき峠までの斜面を登る。その先は、尾根道で、霜柱を踏みしめながら登っていく。5合目は、見晴台という名前がついているところで、遠くの景色を見ながら少し休憩。この辺りまで来ても雪は全く無し。山頂付近も雪があるのかどうか…? もう少し登ると七合目のお猿岩。この辺りから地表の様子はがらりと変わり、雪に覆われるようになってきた。山頂方向を見ると完全な雪景色になっていた。お虎ヶ池の水面は、全部硬く凍っている。まずは、経塚山を目指す。この辺りには、ほとんど樹木はなく、しかも積雪しているので、どこでも歩ける状態。斜度もそれほどないので、真っすぐ山頂を目指して登る。
 1040mの経塚山からはびわ湖の向こうの冠雪した県内の山々がよく見渡すことができた。次は霊仙山最高地点を目指す。1098mの山頂付近は風も無く、雪を頂いた周りの山々の景色を堪能しながらの昼食休憩。伊吹山のすぐ右には、真っ白な白山もはっきり見えていた。
 最後に霊仙山山頂に立ち寄り、お猿岩を目指して、斜面を好きなところを下山。 
と、ここまではよかったのですがここから下が、大変な状態でした。早朝は凍てついていて、それほどでもなかったのですが、下山時は泥々、ぬるぬる状態。滑らないように下りるのがひと苦労で、正に「雲泥の差」とはこのことか…という思いでした。 でも、今シーズン初めての雪山歩きができ、満足でした。

 

Photo Gallary (クリックで拡大)