武奈ヶ岳

日   程: 2015年2月11日(水・祝)
天   候: 曇り時々晴れ
参 加 者: K原(CL)、M田(SL)、T中、K内、Y永、K西、Y田、A部、K森、K村(記録)
コースタイム:坊村明王院8:20 … 10:00 P846 10:09 … 11:00御殿山(休憩)11:10 … 12:00武奈ヶ岳山頂(昼食休憩)12:45 … (細川尾根) … 14:50細川着 -- 15:25坊村


記   録

 1台の車を細川にデポし、坊村にある明王院の横から登り始める。登りの斜面には始めから雪が付いていた。踏み跡はしっかりあり、ラッセルの必要はなく歩きやすい状態であった。しかし、雪がしまり滑りやすいところも出てきたので、標高650mあたりでアイゼンを装着する。これで歩きやすくなった。自然林の雪景色を楽しみながら、800mの高低差を登りきると御殿山山頂に到着。ここからは武奈ヶ岳が間近に見える。ガスっている時もあったが時折青空が広がり、一層美しい景観を見せてくれた。しばし休憩の後、ワサビ峠に下り、急な斜面を登ると西南稜の端に到着。雪に覆われた西南陵が続く先にある武奈ヶ岳の景観はとても素晴らしいものだった。360度の展望を楽しみながら、西南稜を歩いていくと、間もなく武奈ヶ岳山頂に到着。山頂から風下側に少し下ったところの雪を踏み固めて、昼食休憩。快晴とはいかなかったが、視界は良く、周りの景色を楽しみながらの昼食は山歩きの醍醐味の一つである。
 アイゼンをはずし、ワカンに変えて、武奈ヶ岳から北西に伸びる細川尾根を下山する。こちらを通る登山者は少なく、下山道はほとんど新雪の状態。積雪した尾根をまっすぐ下りるコースなので、歩く場所は自由に選ぶことができる。滑ったり転んだりしても危険なことはなく、楽しみながら、しかも、無雪期よりも速く下山することができた。
 武奈ヶ岳は我々にとって、身近なところにある山であるが、冬には本格的な雪山の姿を見せてくれる。
 今回はそれを十分楽しむことができ、改めて素晴らしい山だな…と思った。

Photo Gallary (クリックで拡大)